ばね指

ばね指とは、指に発症する腱鞘炎の一種です。女性ホルモンが関与していることもよく知られており、妊娠後期や更年期の女性に多いのも特徴
原因:手指を曲げ伸ばしするときには、腱鞘の中を腱が往復するように動きます。この部分の通過障害による炎症を腱鞘炎といいます。指の腱鞘が何らかの原因でむくんで厚くなったり硬くなったりすると、腱鞘とその中を通っている屈筋腱がこすれ合い、炎症のために腫れてきます。このため、腫れた部分が引っかかって、指を伸ばそうと強い力を加えると「カクン」と跳ねるようになります。このように発症するのがばね指です。

改善方法
中医学的には筋は肝に属し肝血不足により潤いがなく摩擦がおこり炎症を引き起こしますので肝血を補う生薬や酸味のある食べ物を摂ると良いでしょう。
柔軟性がなくなり硬くなるのも原因の一つなので、エラスチンを補うのも良いでしょう。
また女性ホルモンが関与していることからアグリコン型大豆イソフラボンの補給や腸内環境を整える事をお勧めします。

ヘバーデン結節

人差し指から小指にかけて、第1関節が赤く腫れたり、変形して曲がってしまう原因不明の病気です。親指に現れることもあり第1関節の手の甲側に、関節を挟んで2つのコブ(結節)ができるのが特徴です。第2関節に生じる類似疾患にブシャール結節があります。すり減った軟骨を戻すことはできませんので痛みを軽減し悪化させない事が重要です。

*握力が低下している方が多いので痛みがない程度にボールを握る運動で握力を鍛える
*炎症している時のマッサージは逆効果
*女性ホルモンの減少と深い関係があることが分かってきているのでアグリコン型大豆イソフラボンを補うのと腸内環境を整える。
*テーピングを軽く幕

powered by crayon(クレヨン)